2021年F1第1戦バーレーンGP 結果・ラップタイム・ギャップチャートまとめ

2021年F1第1戦バーレーンGPの予選・決勝の結果、順位変動、トップからのギャップチャート、各ドライバーのラップタイムを分かりやすくまとめています。

決勝

ハミルトンがポールのフェルスタッペンを戦略で逆転し優勝。終盤ハミルトンを猛追したフェルスタッペンは一度前に出るも、コース外からの追い抜きとなり順位を戻したままチェッカーとなった。日本の角田裕毅はデビュー戦で9位入賞。

順位

ラップチャート(順位変動)

各ラップ終了時の順位を示しています。線上の●はピットストップしたことを、下の数字は何回目のピットストップかを表しています。

ギャップチャート

各ラップ終了時のトップとのギャップを示しています。

ラップタイム

各ラップのラップタイムを示しています。ピットインの前後は速度制限や作業時間によってラップタイムも遅くなります。

予選

順位

エントリーリスト