2022年F1第9戦カナダGP 結果・ラップタイム・ギャップチャートまとめ

2022年F1第9戦カナダGPの予選・決勝の結果、順位変動、トップからのギャップチャート、各ドライバーのラップタイムを分かりやすくまとめています。

決勝

フェルスタッペン(レッドブル)がサインツ(フェラーリ)との優勝争いを制し1位。3位にはマシンのバウンシングに悩まされてきたハミルトン(メルセデス)が続き久々の表彰台となった。ラッセル(メルセデス)が続き、パワーユニット交換で19位スタートのルクレール(フェラーリ)が5位まで順位を上げた。アルファロメオ勢が揃って入賞を果たした一方、2位スタートのアロンソ(アルピーヌ)は戦略ミスで後退、さらにペナルティで9位に終わった。角田(アルファタウリ)はオーバースピードで単独クラッシュするミスでリタイアとなった。

順位

ラップチャート(順位変動)

各ラップ終了時の順位を示しています。線上の●はピットストップしたことを、ドライバー名横の数字は何回目のピットストップかを表しています。

ギャップチャート

各ラップ終了時のトップとのギャップを示しています。

ラップタイム

各ラップのラップタイムを示しています。ピットインの前後は速度制限や作業時間によってラップタイムも遅くなります。

予選

順位

エントリーリスト